函館ゾンタクラブ

ZONTA INTERNATIONAL DISTRICT26 AREA1
ZONTA CLUB OF HAKODATE

地域・国際社会への意義ある奉仕活動を展開します。

函館ゾンタクラブについて

 札幌ゾンタクラブ(現在札幌Ⅰゾンタクラブ)会長秋山喜代様の、熱い想いを受け、キーパーソン6名が選出され、創立に向けての準備が開始されました。様々な困難を乗り越え1973年(昭和48年)11月7日設立総会、翌年、1974年1月22日国際ゾンタより認証状が届きました。世界で747番目、日本では9番目のゾンタクラブ誕生です。この時のメンバー24名、初代会長には外崎舜子が選出されました。

組織概要

名称 函館ゾンタクラブ
認証 1974年1月22日
地区エリア 26地区エリア1
認証番号 747
姉妹クラブ 31地区 高雄育萱社(台湾)
会員数 21名
会長 池亀 睦子
例会場所 ホテル函館ロイヤル
例会日時 第3水曜日 18:30より
事務局 北海道函館市末広町13-9
(金森洋物館 チャートハウス 内)

函館ゾンタクラブの周年事業

1974年 函館ゾンタクラブ設立
1978年 創立5周年記念事業 「函館ゾンタクラブ奨学金」
母子家庭の女子高生を対象として、入学から卒業までの高校生活をサポート
致しました。
1983年 創立10周年記念事業 「函館市(小公園施設)」
1988年 創立15周年記念事業 「北海道新聞社函館支社(ソーラー時計)」
1993年 創立20周年記念事業 「函館市(リフト付ワゴン・ゾンタ号)」
1998年 創立25周年記念事業
「函館市(市民憲章碑)芸術ホール前」
「日本ユネスコ協会(ユネスコ寺子屋建設資金)」
「北海道函館聾学校(視聴覚機材)」
「北海道眼球銀行函館支部(角膜移植検査器機)」
2003年 創立30周年記念事業
「函館市立保健所(健康センター)へ健康情報器機一式」
「函館市青柳学園へ送迎用リフト付バス(ゾンタ号1台)」
「北海道子供の虐待防止協会道南支部」
「ゾンタ学校設立基金」
「函館市図書館へゾンタ文庫」
2008年 創立35周年記念事業
国際:
「ゾンタ財団」、「国境なき医師団」、「日本ユニセフ」
地区:
「函館市生活介護事業所「ともえ学園」へ送迎用ワゴン車」
「少年自立援助ホーム(ふくろうの家)」
「函館骨髄バンク推進協議会」
2009年 ゾンタ財団・中央図書館へ児童図書・道新福祉基金などへ寄付
2010年 ゾンタ財団・自立援助ホームなど12団体へ寄付
Zフローラプロジェクト(子宮頸がんと予防ワクチン公開卓話)
2011年 函館観光シンボルロボット開発-国際女性デイ記念-平鍋さん表彰
被災地5クラブなど9団体へ寄付
チャリティー茶話会「ひとりじゃないよ・・絆」 ※移住被災者とともに
2012年 シンポジウム『未来を担う女性と、はこだてのまちづくり』
シンポジスト/工藤函館市長・久保函館商工会議所副会頭/阪口あき子社長
山田町ゾンタハウス・サマースクールinはこだて・ジョイセフなど9団体へ寄付
2013年 チャリティーディナーコンサート 仲代圭吾・行代美都・仲代達矢(特別出演)
ゾンタ財団・東北3.11プロジェクト・中央図書館へ図書及び備品等
国境なき医師団など8団体へ寄付
2014年 国際ゾンタ財団、国際女子デーの表彰、サマースクールin函館、国境なき医師団、
函館家庭生活カウンセラークラブ、函館市女性保護の会、ジョイセフ、
日本語スピーチコンテストゾンタ賞、東日本大震災3.11プロジェクト支援、
広島特別災害金へ寄付
2015年 国際ゾンタ財団、国際女子デーの表彰、サマースクールin函館、国境なき医師団、
函館家庭生活カウンセラークラブ、函館市女性保護の会、ジョイセフ、
日本語スピーチコンテストゾンタ賞、東日本大震災3.11プロジェクト支援、
広島特別災害金、山田町ゾンタハウスへ寄付